新潟市中央区の整体は「まんまる接骨院」

こんにちわ!

まんまる接骨院・整体院、院長の鍋井です。

今日はいよいよ家のヒーターを押し入れから出しました!!

皆さんも寒さにはお気をつけて!!

本日は肩コリ、首コリ、四十五十肩に効果のあるセルフケアをご紹介したいと思います!!!

2962dc080257e81b56f776ad6ecc66d1_s

肩・・・緩んでませんか????

本日のお話は肩、首周辺のお話です。皆さんは自分の腕の重さは何キロだと思いますか?

体重の約6%が腕の重さと言われています。

つまり

ご自身の体重×0.06=腕の重さ

となります。だいたい平均すると3キロから5キロくらいの方が多いです。

肩は股関節のようにしっかりと関節にはまっているわけではなく平面に対し、筋肉がつり上げている状態です。

869eb91eecdcfe5969ecea8fe5e14497_s

金具が邪魔ですが、このように腕の骨は肩甲骨にはまっているわけではありません。

肩周りの筋肉によって常に吊り下げられています。

一方、股関節はこのような感じです。

2509cfdac5bd64d11128b0686d2b5954_s

このようにしっかりと骨盤にはまっています。

では肩の場合はどのようなことが起こるかをご説明します。

肩関節は先ほども言った通り、筋肉によって吊り下げられている状態です。この筋肉がないと脱臼している状態になります。股関節のようにハマっていないことにより肩は柔軟に動くことができる一方で、筋肉を常に使っていなければならないため、常に負担がかかっています。立っている状態でも、重力により腕が落ちないようにしてくれています。

ですので腕を常に引っ張り上げているのは思っているより大変なことなのです。

ちなみに女性に肩こりが多いのはご自身の腕の重さを支えることができず、引っ張り上げる筋肉がオーバーヒートしている状態になります。

引っ張り上げられないとどうなるかというと関節に隙間が空き、さらにうまく力が入らなくなってきます。

緩んでしまった関節はとても弱く、イメージでいうと緩んでしまったドアの蝶番のようなものです。緩んだドアをそのままにしておくとドア自体と枠がぶつかり傷んでしまいます。

これが肩関節で起きることで炎症がおき、四十五十肩になる原因にもなります。

ですのでむやみに肩の筋肉をマッサージしてしまうと逆に引き上げる力がなくなり、肩こりが悪化、もしくは慢性的なものになってしまいます。

ですのでまずは肩関節をハメ直すところから始めましょう!

では解説していきます。

こうやって整える!

まず腕を90°まで上げ、壁に手を突きます。そこからグーっと体重をかけるだけです!!

簡単ですよね♪

これをすることで関節の圧力が高まり、本来の筋肉の力が発揮されるとともに、関節自体も正しい位置にくることができます。

時間は10秒くらい、もしくはなんとなく良い感じがあればそれがなくなるまでです。

どうですか?肩軽くなりませんか??

肩首こったなーって時にやると良いですよ。もちろん四十五十肩にも効果があるので、痛みが出ない範囲で行ってみてください。

本日もまんまる接骨院・整体院ブログを最後までご覧いただき、誠にありがとうございます

次回もお楽しみに♪

 

 

 

新潟市中央区の整体は「まんまる接骨院」 PAGETOP